読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見護り日記

認知症の母とのあれこれ

Chapter3 肉ラビリンス

キレては負けだと毎日毎日自身を戒めているワタシですが、みなさまお元気ですか?

ワタシ?

やっぱりキレてます(笑)

 

その日は珍しく朝からご機嫌で、ご飯も「久々に美味しかったワ」とおかゆを完食。

ところがですね、後片付け中にラビリンススイッチがバチッと入っちゃいました。

本日のテーゼは

「まーちゃん(息子)に肉食べさせなきゃ。お金出すから肉買ってきて。」

「肉?何作るの?」

「肉じゃがにしようと思うんだけど」

「それなら冷凍庫にたっぷり1パックあるよ。野菜も揃ってるし、買いに行かなくてもいけるから。」

「あ、そう?」

 

以上の会話を、5分10分おきに繰り返すパターンの始まりです。

もうすっかり肉、

こういうのはよくある事なので(内容は違いますが)、4度めの会話の後冷凍庫の肉を冷蔵庫のど真ん中へ移動させ、存在を念入りにアピールしたもののやはり空振り。

「どうしても肉買ってこなくっちゃ晩御飯ができない。なんであんた買ってきてくれないの?」

とうとう怒り狂いだしたんです。

ダメだ、ダメだと思いながらもつられてキレちゃったワタシ。

キッチンの調理台の上に肉じゃがの材料を全て並べてしまいましたよ。

案の定、「私は材料並べてもらわなあかんほどボケてないわ‼︎」と大爆発。

時間をかけてぜーーーんぶ元に戻しておられました。

 

その夜。

ある程度覚悟を決めつつ帰宅してみると・・・

大量の重複した野菜たち!

大量のできあい揚げ物!

しっかり4合分のご飯!

そしてなぜかおでんと肉じゃがが合体したような不思議な煮物!

黙ってそっと鍋の中を覗いているワタシにハハの一言。

「あ、肉買ってきてくれたやろうね?」

まだ作るんか〜い⁈

 

本日の見護りポイント

 

  • ラビリンスに入っちゃたら脱出不可能
  • キレたら負け(難しいけど)

    f:id:tae-masuda:20170209202037p:plain

    f:id:tae-masuda:20170209202200p:plain